7月 16

突然の腰痛やぎっくり腰の時の対処法

17c605d265e7d85f29037881eb5cd0f2_s

女性の方や仕事がデスクワークの方など、腰痛に悩まされている人は多いと思います。
長年続く慢性腰痛で普段は大した痛みではないけれど疲れた時など時々痛みが激しくなってしまう方や、突然ぎっくり腰になってしまい痛みに襲われ動けなくなってしまったという方もいますよね。
そういう突然の腰痛やぎっくり腰の際、どういう対処をしたらいいのか、お書きしたいと思います。

KK185_350A

急な腰痛の場合はとにかく安静が1番。痛みが激しい時は、無理をせずすぐに横になる事です。
仰向けになって膝を立てて寝るのがいいです。膝を立てて寝る事で腰にかけての筋肉が緩み、腰への負担がが減るのだそうです。
もし横向きで寝たいのであれば、膝の間に枕を挟んだりするのも良いと思います。その状態で落ち着くまで、しばらく安静にしてください。

次に患部を湿布などで温めるか冷やす方法です。
神経性の痛みには温めるのが効果的と言われていますが、例えば腰をどこかにぶつけたりとか骨に異常がある場合は冷やした方がいいと言われています。病院に行かなければ判断はできませんし、とりあえず自分が楽だと思う方で処置するのが良いと思います。

あとはなるべく腰への負担を減らすよう、腰を固定する事です。
歩いたりただ寝ているだけでもやはり腰には負担がかかってしまい、その度に痛い思いもしますよね。それを防ぐ為にコルセットや、なければタオルなどで腰を強く巻き、固定するようにしましょう。これで痛みはかなり和らぐと思います。

118

あとこれは人によって効果が違うと思いますが、どうしても痛くて我慢できない場合、バファリンなどの鎮痛剤を飲むのも良いかもしれません。薬を飲んでかなり楽になったという方もいらっしゃいましたね。

上記のような方法を試して、2,3日で治ったという方もいますが、なかなか治らない時や痛みがひどい場合はやはり病院に行って診てもらいましょう。

最初の方に書きましたが、腰痛の時はとにかく安静にする事です。そして家族や友人など周りの人に助けてもらって、なるべく無理はしないようにしましょう。

症状に合った対処が大切!関節痛・腰痛対策口コミアンケートまとめから的確な対処がわかります

コメントを残す

メールアドレスは公開されません