«

»

7月 16

関節痛、腰痛対策の運動

GW055

関節痛、腰痛対策のための運動ですが、どちらにせよ意識すべきことは、負担をかけずに運動するということです。

まず、関節痛ですが、例えば膝関節が痛むのであれば、立ってる状態での運動は避けようっていうことです。自分の体重がキツクて膝が痛むのであれば、これは逆効果になりますよね。

ここでお勧めなのが座ったり、寝ながら、横になりながらすると自分の体重の負荷がかからずに効果的ってわけなんです。

5968ec8c9cca11bc9c33e4ff610f00b8_s

まずお勧めなのが座ることです。
普通に足を揃えて座ってみます。この状態から足のつま先を自分の方に向けるような感じで力を入れてみます。
こうすると、足の脛付近の筋肉も鍛えられます。

次に足を水平にして、そのままの状態を維持する、こういうのも筋肉を鍛えるのに良いです。しかも自分の体重負荷は一切かかっていないので、関節へのダメージはほぼありません。

次に寝てる時ですが、仰向けに寝てもらって体全体を自然な感じで伸ばします。
次に足先を10cm~20cmほど持ち上げ、その状態を維持します。
大体こういうのって無理しすぎてもよくないんで、座ってる時もそうですが、大体20~30秒ぐらいで休憩を入れてあげてください。
右足と左足を交互に行ったりすると、休憩をとりいれつつ体にも無理なく出来るのでとてもお勧めです。

次に腰痛対策ですが、まずは姿勢を改めることが大事です。
腰痛は人間が二足歩行をしだした時からの永遠のテーマのようなもので、避けられません。

066830c3d0f3362780564880877387dd_s

まずは座ってる時、特にパソコン操作をしてる時なんか気をつけてほしいです。
猫背とかになってると、腰への負担が大きいです。
背筋を伸ばすことにより、重たい頭部を分散して支えることができるわけで、こうすることにより肩こりなんかも緩和にもなります。

dbde05cd4f99b137f657e59da6e9d9b5_s

腰痛対策の運動ですが、お勧めは仰向け状態の運動です。
ブリッジほどでなくていいんですが、腰を浮かせるような体勢を10秒ほどキープ、そして5秒ほど休憩、これを10回セットぐらいしてくれると、骨盤の反りを減らして腰を普通の状態にもどしてくれます。

次に腰の筋肉の伸ばし方です。
これも仰向けに寝てる時に膝をかかえるような体勢をとってあげます。これも10秒ほど胸元に膝をかかえてから5秒休憩、それか左右の足を交互にすると休憩も取れて効果的です。

どの運動もそうなんですが、いきなりしないことが重要です。
ゆっくりと行ってあげるのが大事なので、そこを意識、そして毎日続けることが痛みを緩和させる対策になります。

関節を守る筋肉を強くする運動をしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>